【インフェルニティ】アマゾネスの射手ワンキル基本パターン【徹底図解】

f:id:vide0man:20180110214541p:plain

 

ヨーケ (@vide0man) | Twitterです。

 

目次

 

 

概要

 

この記事では、インフェルニティにおける先攻ワンキルの展開ルートについて解説します。

キーカードは《アマゾネスの射手》です。

f:id:vide0man:20180110220327j:plain

 

デッキレシピ紹介 

 

今回の解説に使用するデッキレシピはこちらです。

 

f:id:vide0man:20180110224321j:plain

 

 

1ターンキル展開ルートの解説-基本パターン

 

1ターンキル展開ルートにおける「基本パターン」について、解説します。

 

上で紹介したデッキでは、1ターンキルへと向かえる展開ルートが複数パターン存在します。

その中で最もベースとなるパターンについて解説します。

 

(他の展開ルートは「基本パターン」の応用となります)

 

それではさっそく、「基本パターン」について解説していきたいと思います。

  

「基本パターン」の成立に必要な条件は以下の2つです。

f:id:vide0man:20180110220653p:plain

基本パターンの条件

  1. 《水晶機巧-ハリファイバー》がリンク召喚可能。
  2. 手札に悪魔族モンスターカードが1枚確保できる。

以上の2つの条件を満たした時、1ターンキルの展開が可能となります。

 

 

以下の手札例を使用して、展開ルートを解説していきたいと思います。

 

 

f:id:vide0man:20180110220811p:plain

 

手札例

《竜の霊廟》

+ チューナーカード

 

図を使いながら、展開の手順を追っていきます。

  

f:id:vide0man:20180110220918p:plain

f:id:vide0man:20180110220923p:plain

f:id:vide0man:20180110220927p:plain

f:id:vide0man:20180110220931p:plain

f:id:vide0man:20180110220936p:plain

f:id:vide0man:20180110220940p:plain

f:id:vide0man:20180110220944p:plain

f:id:vide0man:20180110220949p:plain

f:id:vide0man:20180110220954p:plain

f:id:vide0man:20180110220958p:plain

f:id:vide0man:20180110221002p:plain

f:id:vide0man:20180110221007p:plain

f:id:vide0man:20180110221011p:plain

f:id:vide0man:20180110221017p:plain

f:id:vide0man:20180110221021p:plain

f:id:vide0man:20180110221025p:plain

f:id:vide0man:20180110221029p:plain

f:id:vide0man:20180110221037p:plain

f:id:vide0man:20180110221042p:plain

f:id:vide0man:20180110221049p:plain

f:id:vide0man:20180110221057p:plain

f:id:vide0man:20180110221101p:plain

f:id:vide0man:20180110221107p:plain

f:id:vide0man:20180110221121p:plain

f:id:vide0man:20180110221126p:plain

f:id:vide0man:20180110221130p:plain

f:id:vide0man:20180110221135p:plain

f:id:vide0man:20180110221141p:plain

f:id:vide0man:20180110221145p:plain

f:id:vide0man:20180110221153p:plain

f:id:vide0man:20180110221157p:plain

f:id:vide0man:20180110221201p:plain

f:id:vide0man:20180110221205p:plain

f:id:vide0man:20180110221211p:plain

f:id:vide0man:20180110221215p:plain

f:id:vide0man:20180110221219p:plain

f:id:vide0man:20180110221224p:plain

f:id:vide0man:20180110221229p:plain

f:id:vide0man:20180110221233p:plain

f:id:vide0man:20180110221237p:plain

f:id:vide0man:20180110221242p:plain

f:id:vide0man:20180110221247p:plain

f:id:vide0man:20180110221251p:plain

f:id:vide0man:20180110221256p:plain

f:id:vide0man:20180110221300p:plain

f:id:vide0man:20180110221304p:plain

f:id:vide0man:20180110221309p:plain

f:id:vide0man:20180110221312p:plain

f:id:vide0man:20180110221320p:plain

f:id:vide0man:20180110221324p:plain

f:id:vide0man:20180110221329p:plain

f:id:vide0man:20180110221334p:plain

f:id:vide0man:20180110221338p:plain

f:id:vide0man:20180110231421p:plain

 

補足

今回紹介した展開ルートでは、ファイアウォール・ドラゴン》の「フィールド・墓地のモンスターを手札に戻す」効果を使用していません。

 

この目的は、ファイアウォールドラゴンの効果を使用せずにワンターンキルができるルートを確立することで、イレギュラーなケースへの対応力を上げるためです。

 

イレギュラーなケースとは、手札に《アマゾネスの射手》や《インフェルニィ・ミラージュ》が来てしまった場合などです。

 

冒頭で紹介したレシピに基本パターンでは使用していない《インフェルニティガン》が採用されているのも、同様の理由です。対応力を上げるために、基本パターンでは使用しない《インフェルニティガン》を採用しています。

 

次回予告

次回はインフェルニティを使用する際の細かいテクニックの紹介や、 インフェルニティと相性の良いカードの紹介などを予定しています。

 

次回の記事をあげたら、私のtwitterアカウントで告知します。

次回の内容にも興味がある方は、私のtwitterアカウントのフォローをお願いします。

投稿内容は遊戯王関連が中心です。

ヨーケ (@vide0man) | Twitter

 

インフェルニティのレシピや展開パターンは知人と相談して開発しています。

知人のアカウントへのリンクも貼っておきますので、よかったらフォローしてください。

インフェルニティ関連の最新情報をつぶやいてくれています。

Tweets with replies by 亡国と反逆のlansu (@lansu_iiniku) | Twitter

 

以上です。

ありがとうございました。


遊戯王ランキング